いぬとねこの保険のデメリットもチェック【大切なペット】

話題のいぬとねこの保険は万能なの?いぬとねこの保険は大切なペットを任せられる? メリットだけじゃなくしっかりデメリットも検証しっかり

*

愛犬の高額治療費【重い病気原因】

      2018/01/18

犬の掛りやすい重い病気1位は【癌】

愛犬が「癌」になる主な原因は、「着色料」「甘味料」などの添加物を多く含まれたドッグフードや、精神的なストレスやタバコの煙などの有害物質で、定期的な健康診断を行うしか早期の発見が困難です。

抗がん剤の治療は、1回10,000円前後

1ヶ月に掛るもろもろの治療費は10万円以上
全体を通して100万円以上掛る事も珍しくないです

 

犬の掛りやすい重い病気第2位は【心臓病】

愛犬が心臓を悪くる主な原因は「老化」です。 犬は7歳以上(人間だと50歳前後)になると、心臓の老化が原因で、病気を発症する場合があります。

症状に特徴があって、夜中から早朝の間に風邪の様な咳をする様になります。
その他は、呼吸が荒くなったり、食欲が低下して行ったりします。

心臓病早期発見の為には健康診断が有効、1000円前後

治療には、レントゲンで撮影したり1かい15,000円くらいの
治療の為の病気の薬代だけで1月10,000円前後、最終的には数十万円の医療費が掛ってしまいます。

 

犬の掛りやすい重い病気第3位は【腎臓病】

腎臓を悪くする原因は、心臓と同じく老化による免疫力の低下などです。

腎臓は悪くならないと症状が現れにくく、悪くなってしまうと完治するのが難しく、医療費も掛ってしまいます。

愛犬のケガで重たいのは【骨折】

室内犬の骨折は案外多く、単なるはしゃぎ過ぎて骨折してしまう事も良くある話です。

人間みたいに安静にする事が難しい犬の場合、折れた骨と骨を「金属」で固定する手術を行ない、完治したら、金属を取り除く手術が必要になります。

入院と手術での合計金額が、30万円位になります。

⇒ ペット保険のこともっと詳しくコチラから

 - ペットの病気や治療費など , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

家族との分れペットロスを少しでも和らげるために。

大切な家族、飼い主さんにとっては家族以上に思ってる。愛犬愛猫との別れは本当に辛い …

子犬の病気【症状・予防法】

目次1 子犬を襲う3つの恐い病気は狂犬病・クル病・ジステンパーなどです2 ★狂犬 …

愛犬の食事が原因で起こる病気【危険成分】

目次1 高カロリーだと愛犬は肥満に2 食べ続けると愛犬に危険な人工添加物 高カロ …

愛犬の病気事情【人と同じ病気】

飼い主さんのおかげで愛犬達の生活環境は良くなる一方、その代り人と同じ「高齢化」や …