いぬとねこの保険のデメリットもチェック【大切なペット】

話題のいぬとねこの保険は万能なの?いぬとねこの保険は大切なペットを任せられる? メリットだけじゃなくしっかりデメリットも検証しっかり

*

いぬとねこの保険の対応動物とペットランキング

      2018/01/18

いぬとねこの保険の対応動物は「猫」と「犬」

初めての人でも安心の普段の保険支払料金ですが、そのメリットの裏にはデメリットも隠れています。PS保険の対応動物種は「猫」と「犬」だけなんです。

ペットとして飼われる動物はは多種にわたって居ます。
ペットランキングを纏めてみましたが、動物病院で治療可能な動物を飼われてる人はペット保険を検討しています。

猫や犬以外の動物を飼われてる方は、こちらの便利なペット保険検索サイトで飼育動物ごとの保険を探す事ができます。

⇒ ペット保険資料一括検索 下の画像をチェック

人気ペットランキングは

1位「猫」
長きにわたって愛されてる不動のペットです!!

2位「犬」
ペットの室内飼育が主流になるに連れて、1位の座を猫に抜かれてしまいましたが不動の人気を誇って居ます。

3位「観賞魚」
ペットと言うよりも、見てて癒される動物達です。 中にはとても慣れる魚も居て水槽の中で飼い主を追いかけます。

4位「鳥」
昔から人気のある「セキセイインコ」「オウム」です。鳴き声や飛んで逃げてしまう事が有ります。

5位「昆虫」
海外のカブトムシやクワガタ、水生昆虫などマニアの多いペットです。

6位「ウサギ」
昔ながらの「白兎」以外に海外のウサギ「ネザーランド」「ロップイヤー(たれ耳ウサギ)」など、人気急上昇中です!!犬や猫に並ぶ日も近いかも!!

7位「ネズミ」
ハムスターやモルモットなど「鳥」と並んで昔から飼われてるペットです。ペットの入門編的なイメージです。

8位「爬虫類や両生類」
海外の「カメ」や「カエル」など、ペットマニアに愛されてる

⇒ ペット保険のこともっと詳しくコチラから

 

 - ペット保険について , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

関連記事はありませんでした