いぬとねこの保険のデメリットもチェック【大切なペット】

話題のいぬとねこの保険は万能なの?いぬとねこの保険は大切なペットを任せられる? メリットだけじゃなくしっかりデメリットも検証しっかり

*

愛犬の病気事情【人と同じ病気】

      2018/01/18

飼い主さんのおかげで愛犬達の生活環境は良くなる一方、その代り人と同じ「高齢化」や「重度の病気」の心配が出てきました。

犬も高齢化が進むと「がん」や「心臓の病気」の心配

犬ががんになる原因は「ストレス」の溜めすぎ、そして「煙草の煙」や「排気ガス」などの悪い空気を吸い続ける事です。

がんに掛りやすい犬種は「ゴールデンレトリバー」や「秋田犬」などの「大きな犬」です。

犬が心臓を患う一番の原因は「心臓の高齢化」愛犬の年齢が7歳を越えたら気にかけてあげましょう。

愛犬心臓チェック法

①夜中から明け方にかけて咳をする。
「風邪引いたかな?」と思いがちですが、心臓が弱ってる可能性もあります。咳が気になる時は動物病院に連れて行ってあげよう。

②以前より呼吸が荒くなる。食欲が無くなる。散歩を嫌がる。
心臓が老化してくると自覚症状にも現れやすいです。 心臓の治療は主に「飲み薬」で、「食事の改善」や「運動の制限」など行っていきます。

心臓が弱りやすい犬種は「マルチーズ」や「ポメラニアン」など「小さな犬」です。

 

腎臓の病気も注意

腎臓を悪くする一番の原因はウィルス感染です。
愛犬の高齢化による免疫力の低下によってウィルスに感染しやすくなります。

愛犬腎臓チェック法【耳に自覚症状】

①耳が乾燥してる。②耳の内側が赤くなってる。③匂いのきつい耳垢がでてる。
こんな時は動物病院に連れて行きましょう。

腎臓の病気に成りやすい犬種は特にないですが、不思議と「オス」の犬が掛りやすいです。

愛犬の病気予防策!!

①出来るだけストレスを受けない環境を作る
②食べる物には気を配ってあげる。
※特に食事は「加工食」に偏らずに、生きた食材を食べさせてあげる事で「免疫力」を上げる事ができます。

 

⇒ ペット保険のこともっと詳しくコチラから

 

 - ペットの病気や治療費など , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

愛犬の食事が原因で起こる病気【危険成分】

目次1 高カロリーだと愛犬は肥満に2 食べ続けると愛犬に危険な人工添加物 高カロ …

愛犬の高額治療費【重い病気原因】

目次1 犬の掛りやすい重い病気1位は【癌】2 犬の掛りやすい重い病気第2位は【心 …

子犬の病気【症状・予防法】

目次1 子犬を襲う3つの恐い病気は狂犬病・クル病・ジステンパーなどです2 ★狂犬 …

家族との分れペットロスを少しでも和らげるために。

大切な家族、飼い主さんにとっては家族以上に思ってる。愛犬愛猫との別れは本当に辛い …